浅田美代子は現在がんって本当?ファッション画像や愛犬の犬種について

今回は「時間ですよ」や「赤い風船」で女優、歌手として活躍、最近では天然女優としても親しみやすい浅田美代子さんの現在やファッション、愛犬について紹介します。

浅田美代子は現在でも芸能活動を継続中。がんの噂はデマ!

浅田 美代子(あさだ みよこ)

生年月日:1956年2月15日

出身地:東京都港区

浅田美代子さんは東京女学館高等学校2年在学中の夏に、街頭でスカウトされたのですが、当初両親は芸能界入りに反対していました。

ですが、事務所側が交渉の過程でドラマ『時間ですよ』の新人オーディションへの参加を提案しました。

この提案に両親は了承ところ約25,000名の中から選ばれたため、芸能界入りを決め、学校を中退することになったのです。

出典:http://gensun.org

25,000人の中から選ばれるなんてことはまさに奇跡に近いですね。

その後、『時間ですよ』(第3シリーズ)のお手伝い役でデビュー。

国民的な高視聴率番組だったことも加わって、たちまち人気を集めました。

また劇中歌でデビュー曲の「赤い風船」は、1年で50万枚近くを売り上げオリコンの年間セールス10位の大ヒット(この年の新人歌手のシングルでは最大のヒット)となり、1973年の第15回日本レコード大賞で新人賞を受賞

短期間でトップアイドルの仲間入りをした浅田美代子さん。

そんな浅田美代子さんは現在62歳。

まだまだお綺麗です。

それに1992年から2014年まで放送されていた「さんまのSUPERからくりTV」で珍解答を連発し、あの明石家さんまが「元祖天然」と認めるほどの天然ぶりを発揮していました。

出典:https://bun-trend.net

さんまとの会話中に「金曜日って何曜日だったっけ」という通常ではありえない質問をした(さんまは面白がって「火曜日ちゃいまっか?」と冗談で言うと「そうだった、そうだった!」と納得してしまった)。

そんなおちゃめな浅田美代子さん、最近テレビで見かけないと理由からか「がんなの?」という噂があります。

結論から言って「がんではありあません」至って元気です。

確かに最近テレビの露出は減りましたが現在舞台にバラエティ番組に出演しています。

テレビ番組

・PTAグランパ!(2017年) – 武曾幸子 役

・PTAグランパ2!(2018年)

舞台

・フランソワーズ・サガン 愛のゆくえ(2018年)

以前のように頻繁に見る機会は減りましたが、浅田美代子さんは女優として元気に活躍しています。

浅田美代子の現在のファッションをチェック!【画像あり】

出典:http://laferiajapan.blogspot.com

浅田美代子さんは現在も元気でいることに間違いない理由として他に、「ファッション」や「髪型」が注目を浴びています。

出典:https://matome.naver.jp

現在浅田美代子さんは度々ファッション雑誌に掲載されるほどの人気です。

還暦を過ぎているとは思えないセンスの良い着こなしで、髪型も「素敵」と高評価を得ています。

浅田美代子さんのファッションは基本シンプルなのです。

好きなブランドはシャネルなんだとか。

髪型に関してはゆるいカールのかかった髪型です。

ちなみに浅田美代子さん行きつけの美容院は「六本木美容院」なんだそうです。

一人一人にあった髪型をしてくれることで定評のある美容院なんだそうです。

浅田美代子さん以外にも渡辺美奈代さん、松本伊代さんも通っているそうです。

浅田美代子は犬好きで有名!愛犬の犬種は?

出典:https://www.asahi.com

浅田美代子さんはファッションや髪型以外にも犬好きなことでも注目を集めています。

現在、5匹の犬を飼っていて名前がアヴィ、ダイア、与作、coo(クー)、チャメと言います。

その犬達の犬種なのですが不明なんだそうです。

出典:http://bullio.jp

犬種が不明?なんで?と普通なら思いますよね。

それもそのはず、実は浅田美代子さん動物愛護団体から飼い主から放棄された犬などを引き取っているから犬種が不明なのです。

動物愛護団体を通じて「殺処分ゼロ」に向けて活動中!

出典:https://www.oricon.co.jp

浅田美代子さんが動物愛護団体から犬を引き取っているきっかけは、2001年に母が亡くなったとき、当時飼っていた犬に救われた……という思い出です。

犬に癒やされ、支えられた。

だからこそ、今度は自分も犬たちに何か恩返しがしたいと感じたそうです。

以前から、ペットを巡る課題として「殺処分」があげられることは知っていた。

そこで、保護犬の飼い主を募集している動物愛護団体をインターネットで調べて、まず1匹引き取った。

しかも動物愛護団体から引き取っている犬達は子犬ではなく成犬です。

ですので中々なついてくれない、という事が基本なのだそうです。

それでも浅田美代子さんは愛情を持って飼っています。

正直、中々できない事ですよね。

ペットブームもあり、多くの小さな犬や猫がペットショップで「モノ」のように取引されています。

その背後には、劣悪な環境のもとで多くの命が生み出されている実態があることを知ってほしいと浅田美代子さんは言っています。

これは本当に動物たちにとっては深刻なことです。

人間のエゴで生き物を売買すること自体、考えものなのだと思います。

出典:https://www.oricon.co.jp

そして浅田美代子さんは動物愛護団体とともに「殺処分ゼロ」に向けての活動を熱心にされています。

とても素晴らしい方なんだという事が分かります。

ぜひ、この活動をもっと広めていってほしいです!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする