南原清隆の現在の活動や病気の噂!干された原因は創価学会が関係?

お笑い芸人の南原清隆さんの現在について迫ります。

南原清隆さんの病気の噂や干された原因にも言及。

創価学会との関係にも触れて行きます!

南原清隆の現在の活動

お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」のナンチャンでお馴染みの南原清隆さん。

最近はコンビの活動はあまり見かけなくなりました。

一件、相方の内村光良さんの方が、NHK紅白歌合戦の司会やNHK朝ドラのナレーション始め、各局でMCの冠番組をお持ちなので、南原清隆さんの活躍が霞んでしまっているかもしれません。

ですが、南原清隆さんは月曜日~金曜日の生放送「ヒルナンデス!」のMCをされています。

スポンサーリンク

「ヒルナンデス!」は昼間の2時間番組なので、主婦の方からは知名度もあるかと思いますが、ゴールデンタイムでの活動がないので、内村光良さんと比べると南原清隆さんの方がお仕事していないと思われがちですよね。

ですが、最近ではスポーツキャスターや記者としての分野でも活動。

そして、落語や狂言などの古典芸能の舞台に出演したりと、お笑い芸人に留まらず新しい分野を開拓されています。

南原清隆に病気の噂

南原清隆さんが番組中に「小指が麻痺している」ということを告白しました。

南原清隆さんも54歳。

ちょっとした症状でも放っておくと大変な病気が隠されているケースもあります。

その小指の麻痺はこんな病気だったことが分かりました。

肘部管症候群という肘が原因で小指に痺れを起こす症状です。

原因としてはストレスや血液循環不良などによって引き起こされるそうです。

共演者からも病院へ行った方がいいと言われた様子で、その後病院へ行かれたそうです。

また、南原清隆さんと言えば、顔の凹凸が特徴的でしたが、最近お肌が綺麗になったと言われています。

噂レベルですが、ある美顔器を使用したため綺麗になったとのこと。

その美顔器を松井秀喜さんにもお薦めして、松井秀喜さんも効果があったとか。

ですが、これは美顔器の宣伝である可能性が高いので、信憑性はありません。

実際、南原清隆さんのお肌が綺麗になったのは、きちんと皮膚科へ行って治療したからだそう。

ですが、何故今更…?と単純に思います。

長年、それがナンチャンでしたので、それも個性のうちだと思っていたのですが、南原清隆さんは悩んでいたのでしょうね。

また、南原清隆さんの病気説はこれに留まらず、目の病気をされたという噂もありました。

「ヒルナンデス!」で左目が腫れていて、メガネをしている時がありました。

これについては深く追求されていませんが、「花粉症」か「アレルギー」ではないかとも言われていました。

突然、メガネをかける芸能人も増えていますよね。

病気なのか年齢によるものなのか分かりませんが、ロンブーの淳さんや立川志らくさんなどはサングラス風のメガネをかけ始めましたよね。

スポンサーリンク

南原清隆さんの場合は、それほどひどい症状ではなかったのかもしれませんが、次々に出てくる病気説に心配は隠せません。

現在コンビでの活動はしていない

冒頭で少し触れましたが、最近、「ウッチャンナンチャン」としてのコンビのお仕事はほとんどされていません。

ピンでも十分需要と供給があるようですから、その流れに従っているだけかとも思います。

別に仲が悪くなったとか、コンビ格差などがあるわけではありません。

最近では2020年東京五輪に向けた「NHKスペシャル」で、久々にコンビで登場されました。

お正月などの特番で年に1回程度はコンビで司会をされている姿もあります。

コンビでのお仕事を見守る同じ事務所の後輩、出川哲朗さんやバカリズムさんはコンビでの姿を見ると嬉しいようです。

南原清隆は干された?

先にもお話ししてきましたように、内村光良さんに比べて南原清隆さんのお姿は、夜のゴールデンタイムでは見かけなくなりました。

かつては「ウッチャンナンチャン」としてのお笑い番組も好調で、「ブラックビスケッツ」「ポケットビスケッツ」というユニットが大ブレイクし、紅白歌合戦にも出場しました。

その他にもたくさんの言葉やキャラクターを生み出しています。

スタートは一緒だったはずですが、いつしか印象としては南原清隆さんの方が見かけなくなったということになってしまいました。

つまり干された…と…。

そこにはこんな理由が当てはまるのでは?と思うことがあります。

お笑い芸人の中でも南原清隆さんは、自分の考えをしっかりお持ちです。

ですが、それは時に視聴者から誤解され、評判が悪くなっていったようでした。

自身の考えを主張し、自分の番組を作っていくというスタンスで成功したのは、やはりお笑い界のカリスマとも言える松本人志さんです。

「ウッチャンナンチャン」全盛期の頃は、南原清隆さんが中心となり番組を回していました。

ですが、今は内村光良さんの方がその印象が強いと思いませんか?

つまり、南原清隆さんのお笑いスタイルが受け入れられなくなってきた証拠なのです。

とは言え干されたという表現はちょっと行き過ぎな気がします。

南原清隆と創価学会の関係

南原清隆さんが創価学会とどう関係しているのか。

実は創価学会会員として有名な久本雅美さんは、熱心な勧誘をされているそうなんですが、その中に内村光良さんがいました。

ですが内村光良さんはその誘いを断ったのです。

そのせいで「ウッチャンナンチャン」の番組が次々と終了していったという情報がありました。

ですから、南原清隆さんが創価学会と関係していたのではなく、そういう経緯で「ウッチャンナンチャン」の危機があったというお話しです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする